相談費用について

いくら?

※ 一般的に、弁護士に支払う費用の種類としては、次のとおりです。

着手金
依頼していただいた事件の着手にかかる費用です。
着手金は弁護士が実働したことに対する対価となりますので、
結果の内容にかかわらず必要となります。
報酬金
紛争解決時にかかる費用です。
依頼者が受け取ることができた経済的利益を基準に、
事案の難易・要した時間などを考慮して算定させていただきます。
日当
弁護士が遠方の裁判所に出頭する場合などにかかる費用です。
広島家・家裁本庁以外の裁判所へ出頭する場合に発生します。
※裁判所により要する時間・負担が変わりますので日当も変わります。
実費等
裁判手続(訴訟提起・調停申立等)に必要な収入印紙代、郵便切手代、
記録の騰写費用や証拠集めのために必要な費用です。
※実費等は弁護士報酬ではなく、
 裁判手続などを利用する場合に必要となります。

※受任事件の内容によって弁護士費用を増減額することがあります。
受任事件の料金(事件・案件を受任し、法人・個人の代理人として関与する場合)

経済的利益 着手金 報酬金
~300万円以下 「経済的利益」× 8% 「経済的利益」× 16%
300万円~3,000万円 「経済的利益」× 5% + 9万円 「経済的利益」× 10% + 18万円
3,000万円~ 「経済的利益」× 3% + 69万円 「経済的利益」× 6% + 138万円

一久保法律事務所_イメージ
 ※1 個別事案によるため、上にあげさせて頂いた料金は
    あくまで「目安」になり、ご相談いただいた後で
    見積りを作成させて頂きます。
 ※2 消費税は別途です。
 ※3 着手金は、事件の着手時(開始時)に
    お支払いいただくものです。
 ※4 報酬金は、その事件の終了時に
    お支払いいただくものです。
 ※5 顧問会社の場合は相当額の減額がございます。
 ※6 別途、裁判所に納める印紙代や郵便切手等の
    実費、遠方に出張する際の日当、交通費等が
    発生する場合があります。


一久保法律事務所_お問合せはこちら
一久保法律事務所_ページのトップへ